menu

バニラエア、ホーチミン→台北線搭乗レポート

2016年9月14日、バニラエアが日本~台湾間の「以遠権」を活用して成田~台北~ホーチミン線に新規就航。この以遠権の区間である台北~ホーチミン間のみの単独購入も可能で、日本語の環境で安心して移動することができる。そこで今回、ホーチミンから台北までバニラエアのフライトに搭乗してみた。

バニラエアが成田~台北~ホーチミン線に新規就航

ベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港に駐機するバニラエア

ホーチミンのタン・ソン・ニャット国際空港に駐機するバニラエアのA320型機

■運航スケジュール(2016年10月30日~2017年3月25日)

・JW105便
成田17:40発 台北(桃園)20:55着
台北(桃園)22:20発 ホーチミン00:55着(翌日)

・JW102便
ホーチミン 2:00発 台北桃園 6:30着
台北桃園 7:30発 成田 11 :35着

日本のLCCで初 ホーチミン線は「以遠権」を活用

バニラエアのホーチミン線は従来の成田~台北線を延伸する形での開設となったが、この路線が実現したのは第三国への区間を営業運航する権利を認めた「以遠権」が日本と台湾間の民間航空協定で認められているからである。以遠権を活用した路線開設は、バニラエアが国内LCC(格安航空会社)では初となった。

機内はいつもと変わらない日本語の空間

台湾で降機する人用の入国書類を配布するバニラエアの客室乗務員

台湾で降機する人用の入国書類を配布

ホーチミンから台北に向かうJW102便に実際に搭乗すると、リゾート感のあるBGMが流れる中でバニラエアの客室乗務員が日本語で接客。日本から遠く離れたベトナム・ホーチミンで日本語を聞くと、日本に帰って来たような安心感を感じた。

バラエティ豊かな機内食もバニラエアの魅力

「バニラくり~むあんぱん」と「ココア・オレ」を注文

「バニラくり~むあんぱん」と「ココア・オレ」

バラエティ豊かな有料機内食もバニラエアの魅力の一つ。

今年3月に新しくなった「バニラエア特製 バニラくり~むあんぱん」(350円)は中に粒あんが加わり、カスタードクリームとマッチした人気商品。温かい飲み物を同時購入すると50円安くなる「バリューメニュー」の割引もある。

以遠権区間だからこそ際立つ日本のクオリティ

JW102便に乗務したバニラエアの客室乗務員

JW102便に乗務したバニラエアの客室乗務員

バニラエアが新規就航した台北~ホーチミン間は、チャイナエアライン、エバー航空、ベトナム航空などのフルサービスキャリアに加え、ベトジェットエアなどのLCCが運航する激戦区。

その中でバニラエアに実際に搭乗して印象的だったのは、日本人の客室乗務員による機内サービス。日本語で意思疎通できることはもちろんのこと、細やかな心配りなど日本流の質の高い接客のクオリティは、以遠権の区間だからこそより際立って見える。

就航してまだ2カ月余りのホーチミン線。今後どのようにバニラエアの「日本流」が日本・台湾・ベトナムの人に受け入れられていくのか注目です。

関連URL:バニラエア

LCCスクートの機内インターネットのスピードテスト結果LCCこそ機内Wi-Fiを 全便搭載のスクートを調査

dsc_2688ANA羽田~ニューヨーク線就航 2泊でも行ける

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 初日の出

    【フォトレポート】2018年元旦「ANA初日の出フライト2018…

    2018年元旦のANA(全日本空輸)「初日の出フライト2018」のフォトレポート。なお、初日の出の瞬…

  2. airseoul-flightreport-hij-icn-00

    プレミアムなLCC エアソウル搭乗レポート

    この秋、日本の7つの地方空港に相次いで就航したLCC(格安航空会社)のエアソウル。韓国のアシアナ航空…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. DSC_9228
  2. DSC_8917
  3. DSC_8663
  4. DSC_8032
PAGE TOP